その翌年には辰彦がオーストリアの研究所に赴任することになり、また転校を余儀なくされる